これを覚えたらおいしく飲める!知っておきたい白ワインに関する雑学を紹介

こちらのサイトでは、これさえ覚えておけば誰でも白ワインを美味しく飲める雑学についていろいろ紹介します。
ワインには白と赤、ロゼなど種類がありますがその違いはどこからくるのか、作り方の違いなのかそれとも原料となるブドウの違いなのか。
またワインに賞味期限があるのかどうか、あるとすればどれくらいなのか。
開封後の賞味期限はどれくらいなのかなど、初心者だけでなくワインについていろいろ知ることができるので、今以上にワインを愉しみたいときも参考にできます。

これを覚えたらおいしく飲める!知っておきたい白ワインに関する雑学を紹介

白ワインは主に白ブドウを原料として作られます。
白ブドウとは薄緑色の果皮のブドウの総称で代表的な品種がシャルドネです。
赤ワインは主に黒ブドウを原料にして作られますが、じつは赤と白の色の違いは原料というよりも製法の違いにあることを雑学として知っておきます。
赤ワインを作るときは果汁や果皮、果肉などの混合物を発酵させ浸し込みますが、白ワインは発酵させる前に圧搾しその過程で果皮や果肉、種子を取り除き果汁だけを発酵させます。
白ワインを作るときに黒ブドウを用いることがありますが、このときも圧搾過程で色素が混じらないように注意します。

白ワインに使われているブドウの品種とは

白ワインに使われるブドウは非常に多くの種類が存在します。
代表的な品種がいくつかあり、その中の一つが「シャルドネ」です。
フランスのブルゴーニュ地方が原産とするブドウで、白ワインに使われる品種として最も人気があります。
酸味とコクのバランスに優れるものの、際立った個性がないため栽培される土地や醸造方法によって香りや味わいが変化するのが魅力です。
病気に強い品種のため、世界各国のワイン産地で作られています。
ドイツの白ワインを代表する品種の「リースリング」は、ライムやレモンのすっきりとした酸味の中にほのかな甘味が隠れた優雅な味わいが特徴です。
若いうちは花や柑橘系の果実のような香りですが、熟成に伴い複雑になり、石油のような独特の香りを放つことで知られています。
「ソーヴィニヨン・ブラン」は、熟成によって甘口から辛口までバラエティに富んだ味わいが楽しめる品種です。
青リンゴや柑橘系の果物を連想させるさわやかな酸味に、心地よい苦みが後味に加わります。
軽やかなタイプでは、青々とした香りが特徴的です。

白ワインの有名な産地と産地ごとの特徴

白ワインの味を決める大きな要因はブドウの品種ですがどんな土地で収穫されたかでも味に違いがあります。
ワインといえばフランスをイメージしますが、それぞれの産地ごとに格付けがされており味にも特徴があります。
まずパリ南東部に広がるブルゴーニュ地方ですが、白ワインの代表的な産地で歴史が古いことでも知られています。
シャルドネ品種を単一原料としており、生産者や畑ごとに格付けされています。
世界最高峰といわれるモンラッシュやコルトンはいずれも美しい黄金色で力強い味わいが特徴です。
フランス北東部でドイツとの国境付近に位置するアルザス地方も白ワインで知られています。
寒暖の差が激しい地域で穫れるリースリング品種を使用しており、コクの深い辛口の味わいが特徴です。
地中海に沿ってスペイン国境にまで広がるラングドックルーションもワインで知られています。
気軽に求められて質が高いことで知られており、近頃は新鋭的なワイン生産者がオーガニックワインを作っています。
ここで作られる白ワインは酸味が少なく飲みやすいのが特徴です。

白ワインの選ぶ時のポイントを解説

白ワインの選び方のポイントは、シチュエーションや一緒に食べる食事などから選ぶと、満足できる結果になることが多いです。
例えばスイーツなどと一緒に飲むものに関しては、デザートワインと呼ばれている甘口のワインを選んだほうがいいといえます。
食事の締めくくりの時にも出されることが多く、ケーキなどと一緒に口にすることで満足できる味になることが多いです。
特に白ワインの中でもドイツ産のワインや甲州ワインには甘いものが多いことから、おすすめされています。
シーフードには軽めの辛口がいいといわれていますが、全てにおいて相性がいいわけではありません。
辛口でも香りなどによって相性が異なるため、香りなどの情報もネットで確認するといいでしょう。
基本的にグリルや生、てんぷらなどの場合は酸味の強い物のほうが口の中がさっぱりするといわれています。
中華料理で白身魚に甘酢あんをかけた料理がありますが、酸味の強い白ワインなら相性がいいです。
鶏肉も相性はいいですが、バンバンジーなどの場合はライトボディを、照り焼きや空揚げなどの場合はミドルボディの物のほうがおすすめできます。

白ワインを飲む時の最適な温度とは

一般的に白ワインは冷やして飲むのが良いとされていますが、あまりにも冷たくしすぎてしまうと、白ワイン独特の風味や香りが損われてしまうことになります。
このようなことから、冷たすぎない最適な温度を把握することが大切です。
白ワインといっても様々な種類のものがありますが、比較的コクのあるタイプのものであれば10度から14度が適温となります。
酸味の強いものは5から10度程度が適温であり、甘ければ甘いほど低温の方が美味しく感じられることでしょう。
冷やした方が酸味が引き締まり、フレッシュな味わいが強調されることになります。
適温に保つためにはワインセラーで保管しておくのが良いですが、家庭で冷やす場合には、ワインクーラーを使うのが一般的と言えるでしょう。
クーラーに6対4ほどの比率で氷と水を入れたら、ボトルの肩までつけて冷やしましょう。
1分ずつに約1度程度温度が下がるため、希望する適温を引いた数字分だけ冷やすと良いでしょう。
飲むまでに冷蔵庫で冷やしたいと考えるのであれば、辛口のタイプであれば3時間、甘口の場合は6時間程度が目安となります。
早く飲みたいからと冷凍庫に入れる事は良くないため十分に注意しましょう。

に関する情報サイト
白ワインに関する雑学

こちらのサイトでは、これさえ覚えておけば誰でも白ワインを美味しく飲める雑学についていろいろ紹介します。ワインには白と赤、ロゼなど種類がありますがその違いはどこからくるのか、作り方の違いなのかそれとも原料となるブドウの違いなのか。またワインに賞味期限があるのかどうか、あるとすればどれくらいなのか。開封後の賞味期限はどれくらいなのかなど、初心者だけでなくワインについていろいろ知ることができるので、今以上にワインを愉しみたいときも参考にできます。

Search