白ワインの賞味期限はどれくらい?

白ワインの賞味期限はどれくらい?

一般的に白ワインだけではなく、ワインには賞味期限がありません。
なぜワインに設定されていないのかと言うと、劣化する事はあっても腐る概念が存在しないからです。
一般的にワインは瓶に詰められた後も熟成し、中には数10年の女性に耐えているものもあります。
それほどの熟成期間にならなくても、それぞれに飲み頃があり使われるぶどうの品種や収穫年、醸造方法、保存方法等により、飲み頃は大きく異なります。
数年から10年以上と非常に幅が広いことから、一概に決めることができないのが理由です。
とは言え未開封の白ワインを美味しく飲むためには、飲み頃をしっかりと押さえておく必要があります。
一般的に白ワインの飲み頃は1年から2年以内だとされています。
ワインはいちど線を上げると酸素に触れて劣化が早まります。
どんなに工夫して保存したとしても、長期保存は難しくなるでしょう。
白ワインは辛口、甘口などの味わいによりやや異なりがあるものの、5日位を目安に飲みきるようにしましょう。

白ワインを正しく保存して美味しく飲みましょう

白ワインは正しく保存することによって、さらにおいしい状態を長く維持することができるでしょう。
まず最初に押さえておきたい事は、暗い場所で保管することが挙げられます。
日光はもちろんのこと、蛍光灯の光等でも劣化が進むので、暗い場所を選びます。
また湿度が高い涼しい場所で保管することも1つです。
温度が高かったり湿度が低いと劣化が進みます。
具体的には温度は13から15度、湿度は70から80%程度が理想です。
振動が少ない場所に保管することも覚えておきましょう。
振動と白ワインの味はそれほど関係がなさそうに感じるかもしれませんが、振動が加わることで価格変化が発生します。
これにより味が変わるとも言われているのです。
これらの条件を満たす場所は床下収納や冷蔵庫の野菜室などが挙げられます。
1番はワインセラーが良いのですが、これらの場所でも十分に保存することができるでしょう。
中に入れる場合には必ず栓をしておくことを忘れてはなりません。

に関する情報サイト
白ワインに関する雑学

こちらのサイトでは、これさえ覚えておけば誰でも白ワインを美味しく飲める雑学についていろいろ紹介します。ワインには白と赤、ロゼなど種類がありますがその違いはどこからくるのか、作り方の違いなのかそれとも原料となるブドウの違いなのか。またワインに賞味期限があるのかどうか、あるとすればどれくらいなのか。開封後の賞味期限はどれくらいなのかなど、初心者だけでなくワインについていろいろ知ることができるので、今以上にワインを愉しみたいときも参考にできます。

Search