白ワインと赤ワインの作り方の違いとは

白ワインと赤ワインの作り方の違いとは

白ワインと赤ワインは黒、白と使用されているぶどうの種類が違うのはもちろんですが、製造方法にも違いがあります。
赤ワインは、鮮やかな赤色を出さなければいけませんが果肉だけでは、色を付けることはできません。
そのため、皮を一緒に付け込む必要があります。
黒ぶどうを皮ごと数週間発酵して一緒に付け込むことで綺麗な赤色を抽出してから皮を取り除きます。
一方白ワインの場合は、色を出す必要がないため白ぶどうを収穫後に実だけを取り出してつぶして果汁を取り出しジュースにします。
このジュースを発酵させることでワインに仕上げます。
ワインによっては、製造方法が異なる場合があります。
ロゼワインの場合は、赤と同様に川面一緒に発酵させほどよく色がついたところで取り除く方法や、白と同じように黒ぶどうを潰す際に果汁に色を移す方法、赤と白を混ぜて作る方法などもあります。
最近では赤や白だけではなく、オレンジなども販売されていたりします。

白ワインに合う料理にはどのようなものがあるのかを押さえておこう

一般的に白ワインと合う料理は魚介類だと言われていますが、その他にも様々なものがあります。
どのような食材と合うのか、またオススメレシピなどを知ることにより、さらに美味しく味わうことができます。
白ワインを飲み残してしまった場合には、これを調理に用いることも可能です。
白ワインに魚介類が合うのは知られていますが、実はそれだけではなく野菜やキノコ料理、豚肉などを使ったさっぱりしたメニューにもよく合います。
繊細な味わいであるため、和風の味付けにもぴったり合うでしょう。
魚介類と一緒に調理することで、魚介の臭みを減らしたり食材を柔らかくする効果があります。
有機酸が多く含まれていることから、魚臭さの原因のアミンを中和して臭みを減らす効果が期待できます。
またマリネ液等に使うことにより、魚や肉を柔らかくする効果も期待できるでしょう。
香りが良くなるのも1つのメリットといえます。
辛口か甘口のワインかで向くメニューにも違いがあります。
ワイン蒸しなどであれば、辛口のしっかりした白ワインが合います。

に関する情報サイト
白ワインに関する雑学

こちらのサイトでは、これさえ覚えておけば誰でも白ワインを美味しく飲める雑学についていろいろ紹介します。ワインには白と赤、ロゼなど種類がありますがその違いはどこからくるのか、作り方の違いなのかそれとも原料となるブドウの違いなのか。またワインに賞味期限があるのかどうか、あるとすればどれくらいなのか。開封後の賞味期限はどれくらいなのかなど、初心者だけでなくワインについていろいろ知ることができるので、今以上にワインを愉しみたいときも参考にできます。

Search